ヘルペスで目の周りが腫れたら?子供に移る?市販薬は?

 

子育て中のお母さん達はお子さんを病気から守りたいですよね。

 

害となる物からはなるべく離したいというのが母心でしょう。

 

目の辺りのヘルペスとなるとお子さんと触れ合ったりして至近距離なので、うっかりお子さんが触って菌を移してしまったらどうしようと不安になると思います。

 

そこでヘルペスはお子さんに移ってしまう物なのか、また市販薬で治せるのか調べてみましたので、参考にしていただけたら幸いです。

 

 ヘルペスができる原因とは?

画像引用:pixabay

 

ヘルペスはどういう原因でなるの?と思う方も多いと思います。

 

私も調べるまでは疑問に思っていました。

 

母がよく口のヘルペスになるのですが、私はなった事が無い(記憶がつかない間はあるのでしょうけど)と思っていてヘルペスとはどんな物なのだろうと今回調べる事にしました。

 

ものもらいと混同してしまいそうになると思いますが、角膜ヘルペスとものもらいは全く別物です。

 

主な違いとしては目が腫れるという点です。

 

角膜ヘルペスについては下に書きますね。

 

まず、目のヘルペスについてですが、医学的名称は「角膜ヘルペス」です。

 

ヘルペスのウィルスは口で引き起こしますが、角膜ヘルペスの原因にもなります。

 

このウィルスの事を単純ウィルスと言います。

 

このウィルスが角膜に感染することにより、角膜ヘルペスが起こるのです。

 

ウィルスには単純ウィルスと帯状ヘルペスがあり、これらのウィルスに感染してヘルペスが起こるとされています。

 

単純ヘルペスに特記して言うと、一度感染すると症状を引き起こさずとも潜伏し続けます。

 

失明につながることもあるので角膜ヘルペスにかかったらすぐに病院へ行きましょう。

 

・症状

 

目の充血、目の痛み、光が眩しく感じる 角膜上皮の損傷から角膜が白く濁ることも。

 

ヘルペスが進行すると角膜炎を起こし最悪のケースでは失明になる。

 

まとめ
・角膜ウィルスに感染したらすぐ病院へ‼︎

・自分の身を守る事も子育ての一つです。

※参考文献:https://medicalnote.jp/

 

ヘルペスで目の周りが腫れた時の対処法は?

 

画像引用:pixabay

 

単純ウィルスなど読んでいる方は訳がわからないと思います。

 

要するにウィルスが角膜に移ることで角膜ヘルペスになるという事です。

 

さて、角膜ヘルペスにかかった時の治療方法ですが、単純ヘルペスに対して菌をやっつける必要があります。

 

使うお薬は抗ウィルス薬「アシクロビル眼軟膏」で、これを患部に塗って治療します。

 

また、点眼薬が出されることもあります。

 

重症の場合は「バラシクロビル」といった内服タイプのお薬や全身への点滴をする事で症状を直していきます。

 

また、角膜ヘルペスに天敵なのは紫外線です。

 

海や山などの紫外線が多い場所に行く時にはサングラスをして紫外線から目を守りましょう。

 

まとめ
・角膜ヘルペスはウィルスの感染で発症する。

・治療方法は抗ウィルスの塗り薬、点眼、薬の服薬、重症な時は全身への点滴で直していく 紫外線は大敵。

・サングラスして目を守ろう。

※参考文献:http://www.ganka.gr.jp
Sponsored Links

ヘルペスが子供に移る可能性はある?

画像引用元:pixabay

 

ヘルペスになってしまった時に不安なのはお子さんに移るのかどうかですよね?

 

子供を害的から守る為にはどうしたらいいのでしょうか?

 

調べてみたところ、単純ヘルペスによる他人への感染は稀です。

 

ですが、赤ちゃんや小さいお子さんなど抵抗力が弱いケースでは話が別で移る可能性が高くなります。

 

患部にお子さんが触ってしまうことは望ましくありません。

Sponsored Links

 

ケースとしてはウィルスが角膜とは別の網膜や体の別の部分(脳など)に移ることがあります。

 

お子さんに感染する機会はいくらでもあります。

 

ですが、神経質になり過ぎずに何かお子さんに変化が見られたら病院へ診察に行きましょう。

 

まとめ
・他人の目に移る事は稀。

・抵抗力の低い人に移る可能性はある。

・子供に移る機会はいくらでもある為、感染した場合はお子さんに触れられないように対策が必要。

・もし触れてしまった時は神経質にならずに何か変化が見られたらすぐ病院へ。

※参考文献:https://www.mcfh.or.jp
Sponsored Links

目のヘルペスは何科を受診すればいい?有効な市販薬は?

 

画像引用元:pixabay

 

口のヘルペスは皮膚科ですが、目のヘルペスとなるとどこに受診しに行けば良いのか分からない方が大半だと思います。

 

私も調べるまでは目にヘルペスがあることを知らず、実際になったらどこを受診すれば良いのかあわてふためいてしまうと思います。

 

そうならないように、どこに受診すれば良いのかしっかり調べましたので、お役に立てれば嬉しいです。

 

・受診する病院

 

患部は目なので治療しに行く時には眼科へ行きましょう。

 

口のヘルペスと同じ感覚で皮膚科に行ってしまいそうになると思いますが、かかりつけの眼科があればそちらへ。

 

そうでない場合はしっかりと見てもらえそうな所で診てもらいましょう。

 

角膜ヘルペスは上にも書いたように酷くなると失明の恐れもあります。

 

早めの治療をおすすめします。

 

まとめ
・診療は眼科へ。

・皮膚科ではないので要注意。

・あればかかりつけの眼科へ、そうで無い場合は安心できる所へ診察を。

※参考文献:http://www.fujitaec.or.jp/
Sponsored Links

市販薬について

 

サトウ製薬 アラセナS軟膏(口唇ヘルペス)

 

こちらの商品は口唇用の製品ですが、商品公式サイトにてヘルペスについてのQ &Aがあり、企業側が丁寧に説明していたのと大手企業が出しているので信頼できる製品だと思いこちらでご紹介させていただきました。

抗ヘルペス成分のビタラビンを配合している軟膏タイプのお薬です。

 

点眼薬についてはやはり、市販薬ではなく病院で処方された物を使う方が望ましいです。

 

症状によっては市販薬では対処しきれないと思いますので、病院に行って症状にあった処方されたお薬を使うことが一番です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

市販薬よりも病院で症状に合う処方されたお薬を使うことがベスト。

 

下手に市販薬を使って進行してしまうことがないように対策をする事が必要。

 

どうしても病院に行けない場合は応急処置として市販薬を使う形で対策をしよう。

 

角膜ヘルペスって怖いですね。

 

失明まで行く前に、角膜ヘルペスに一度かかったらお子さんを守る為にもご自身を守る為にも一度病院へ行きましょう。

 

その方が安全ですし、早く治る近道です。

 

 

角膜ウィルスの治療法について紹介している動画です。

 

ぜひ見てみてください。

 

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事