シリコーンは食品添加物!危険or安全?コーヒーは大丈夫?

 

食品添加物とは食品製造の際に添加する物質のことを言います。

 

例えば、食品の製造や加工に必要な製造溶剤で、豆腐を固めるにがり・ビールをろ過するときの活性炭などを指します。

 

あとは食品の風味や外観をよくするために使う、甘味料・着色料・香料などや、食品の腐敗や保存性をよくする保存料・酸化防止剤。

 

それと食品の栄養成分を強化する栄養強化剤も該当します。

 

食品添加物のシリコーンって何?

 

シリコーンは化学物質で樹脂の一種です。

 

シリコーン樹脂は、「ポリジメチルシロキサン」または「ケイ素樹脂」とも呼ばれます。

 

シリコーンは厚生労働省が認めた食品添加物(指定添加物)で、高温、低温、紫外線、水などに強い性質を持っているので、その特性を活かして、様々な効果を発揮してくれます。

 

食品添加物としてのシリコーンは、消泡剤としての役割を持ちます。

 

消泡剤とは、液体に泡ができるのを防ぐため、あるいはできた泡を消すために添加する添加物のことです。

 

消泡剤は、様々な製品の製造工程で、製品自体または製造工程にとって、泡が残ると不都合である場合に用いられます。

 

例えば、豆腐の製造時に豆乳の泡を消す為に使われたり、ジャムの製造時には煮詰める際に出る泡を消したりと使われます。

 

その他、アイスクリーム、茶碗蒸し、プリン、羊羹、ワイン、ジュース、焼酎、ウイスキー、コーヒーなど様々なものに使用されています。

 

それにシリコーンは、揚げ物を大量に製造する業務用の油にも使用されています。

 

油が泡立つことによって火傷や火災の原因となるので、泡になって油が外へと溢れないようにするための用法です。

 

食品パッケージの記載は主に「消泡剤」となるため、「シリコーン」での表示はあまり見ないでしょう。

 

また少量である場合は「加工助剤」となり、蒸留時に分離・除去される焼酎やウイスキーも表示は不要とされています。

 

業務用の油には消泡効果があることが大前提なので「シリコーン」の表示が必要となります。

 

シリコーンとシリコンの違いは何?

 

名前のよく似ている2つ、もしかして同じもの?と思う人もいるでしょう。

 

シリコーンは化学物質でケイ素と酸素から構成されるシロキサン結合を骨格とし、メチルアルコール(メタノール)などの炭素と水素から構成される有機化合物を結合させ、複雑な化学反応によって作られています。

 

では、シリコンについてです。

 

地球の表層を構成する成分で酸素の次に多いケイ素は、酸素と結合したケイ石として自然界に存在しています。

 

そのケイ石を還元したのが金属ケイ素です。

 

金属ケイ素=シリコンで、金属ケイ素の英語名がシリコン(silicon)です。

 

元素名で、元素記号Siで表すことができます。

 

シリコンは半導体や太陽電池の主原料として使われています。

 

さらにスマホ、パソコン、自動車、家電などの製品の頭脳(ICチップ)の元になる半導体シリコンウェハーなどに用いられる金属の一種です。

 

シリコーンは元素としてのケイ素を主成分とした樹脂で、ゴム状・オイル状・プラスチック状と3つの物理的形状へ分類されます。

Sponsored Links

 

お弁当などに使用するシリコンカップ、シリコンシャンプー、調理器具、携帯シリコンカバーなどは、よく知られているシリコンだと思います。

 

ですが、シリコンは金属のみなので、これらのものは正確にはゴム状のシリコーン樹脂を加工したものです。

 

もともとの元素をたどれば同じですが、まったくの別物質ということです。

 

 

コーヒーによく使われている理由とは?

 

缶コーヒーのラベルで「シリコーン」表示を見かける方が多くいるようですね。

 

これも変わらず消泡剤として使われています。

 

一企業では「開栓時に内容液が噴出しお洋服などを汚すことがないよう、噴出し防止目的で使用しています。」との説明がありました。

 

また乳化剤と同じように防腐剤としても使われているようです。

 

 

シリコーンは危険それとも安全?

 

上記で記載をしましたが、シリコーンの主成分はケイ素で、ケイ素というのは人体の中にも多く存在しています。

 

安全基準として、食品へのシリコーンの使用量上限は、0.050g/kgと決められています。

 

そして人体への一日許容摂取量(ADI)は 0~1.5mg/体重/日と決められています。

 

基本的に食品添加物の中でも危険性は低いとされていて、規定量を越さなければ一生影響なく過ごせる量とされています。

 

ただ食品に残留しているケースも発見されているので一概に安全だとは言えませんね。

 

食品添加物の中には、発がん性や心筋梗塞などの死亡リスクが高まる病気になる実例が出ているものもあります。

 

厚生労働省が安全といっていても摂取しすぎていいことはないのが現状であると思います。

 

 

さいごに

 

思っていたシリコンは全く別物で、シリコーンは数多くのものに使われている物質ということがわかりました。

 

現代社会では食品添加物を避けて通るのはなかなか難しいことであるといえます。

 

原材料表示にも実は一括表示や、キャリーオーバーといって、添加物の表示をしなくていいケースもあります。

 

安全とは言われているものの、いい気はしないですよね。

 

このことに対して、「除毒効果」といって添加物を少しでも落とす調理法があるので紹介します。

 

有害物質には水溶性が多く、昔ながらのひと手間が除毒効果に繋がります。

 

例えば下ごしらえとして、水にさらす・アク取り・油抜き・湯通し・湯引き・隠し包丁です。

 

他にも、塩もみ・醤油洗い・酢漬け・味噌漬けなども有効的です。

 

さまざまな食材を切ることでも溶出面積が広がるので食材を切って調理することも大切だそうです。

 

これらの下ごしらえは添加物以外にも、残留農薬なども落としてくれます。

 

ある実験では、ソーセージを茹でる前に切れ目を入れたものと入れなかったものを比べて、切れ目を入れたほうはソルビン酸や亜硝酸ナトリウムが排出され、30%も減少したという結果が出ています。

 

まずはどの食品にどのような添加物が使われているか自分の目で見て確認することが第一歩で、それに対してどのような下ごしらえが効果的か調べて実践したいと思いました。

 

より安全なものを選び、できるだけ健康でいたいですね。

 

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事