時候の挨拶で10月上旬の場合は?結びの挨拶は?

 

時候の挨拶とは、挨拶状にて季節を表す言葉を用いた文章のことです。

 

相手のことを気遣う文章ですので挨拶状には欠かせません。

 

時候の挨拶として、文章に使える言葉は時季により変化します。

 

一般的に二十四節気ごとに使い分けられます。

 

二十四節気というのは、1年を24等分に区切り名前をつけて季節の節目を表した言葉です。

 

たとえば「立春」や「夏至」など、「秋分」も二十四節気です。

 

時候の挨拶で10月上旬の場合の書き出し_ビジネスの例文は?

 

それでは10月上旬の場合だと二十四節気のどこに当てはまるのか。

 

「寒露」という時期が10月8日から10月23日までの時期を指します。

 

どのような季節性かというと、朝露も冷え始め秋の陰気さが深みを増してゆく中で、自然が静かな美しさを醸す季節と言われています。

 

どんどん秋が深まる秋真っ盛りな時期ということです。

 

さて、ビジネスの手紙や公的な手紙の一般的な書き方は、「拝啓」から始めて次に「時候・季節の挨拶」を入れ、「主文」のあとに「結びの言葉」を入れ、「敬具」で終わります。

 

手紙は「前文」「主文」「末文」の大きく3つで構成されます。

 

時候の挨拶は「前文」にあたります。

 

10月上旬に時候の挨拶として使用できる季語には、このようなものがあります。

  • 秋雨の候:秋雨前線が停滞していること
  • 仲秋の候:秋のはじめやおわりでなく、中ごろ
  • 清秋の候:秋の空がすんで清らかなころ
  • 寒露の候:朝晩にひんやりとしてくる、衣替えをするころ

 

例文としますと

 

「 拝啓 仲秋の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配にあずかり、恐縮に存じます。 」

 

つきましては~、と主文を始めるといいでしょう。

 

季節の挨拶のあとには、「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れるのが一般的です。

 

これで前文となります。

 

また、10月の季語としてこのような表現もあります。

 

  • 秋麗の候:秋ののどかな気候のころ
  • 秋涼の候:秋の涼しい様子
  • 紅葉の候:樹木が色づく紅葉
  • 菊花の候:菊が開花する季節
  • 秋晴の候:さわやかな秋晴れ
  • 夜長の候:日が短くなり、夜が長くなってきたこと

 

その年の気候や手紙を送るタイミングによって見合うものを使うといいでしょう。

 

時候の挨拶で10月上旬の場合の書き出し_親しいひとへの例文は?

 

親しい友達や親族に向けた手紙の書き出しでは、相手への気遣いやこちらの近況を添えます。

 

ビジネス文よりも親しさを演出できる文章が望ましいです。

 

表現が堅くなり過ぎない季語を交えた挨拶にするといいでしょう。

 

たとえば「天高く馬肥ゆる秋」「秋晴れの陽気の心地良い季節」「暦の上では寒露となりました」「秋が深まり、紅葉の美しい今日この頃」

 

このような言葉が使われることが多いみたいです。

 

このあとに、「いかがお過ごしでしょうか。」や「お変わりございませんか。」「皆さまご清祥のこととお喜び申し上げます。」などと相手を気遣う言葉を続けましょう。

 

 

例文としますと

 

「 拝啓 秋晴れの陽気の心地良い季節 皆様いかがお過ごしでしょうか。」

 

このように前文とします。

また返信の場合、相手方から「前略」とついていると、時候の挨拶は不要となりますのでご注意ください。

Sponsored Links

 

時候の挨拶で10月上旬の場合の結びの挨拶_ビジネスの例文は?

 

結びの挨拶とは手紙を締めくくる文章のことです。

 

相手への思いやりを最後まで添える気遣いです。

 

ビジネスシーンでは、主に活躍や繁栄を祈る気持ちを書きます。

 

時候の挨拶では「~の候(こう)」(上記、書き出しで紹介しています。)以外にも、「~の折(おり)」や「~の砌(みぎり)」も季語につけて使うことができます。

 

書き出しに「拝啓」を使った場合、結びには必ず「敬具」を使います。

 

これらの言葉は「頭語」と「結語」とされ、より丁寧な書き方だと「謹啓(きんけい)」と「謹言(きんげん)」という言葉も使われます。「前略」の場合は時候の挨拶を省いて、「草々」が結語です。

 

結びの挨拶の例文として書き出しと違う季語を用いて、

 

「 清秋の砌 貴社のいっそうのご発展を心よりお祈り申し上げております。 敬具 」

 

とあります。

 

あとは相手の体調を気遣う言葉や、今後の交誼をお願いする挨拶を使っても良いでしょう。

 

また10月上旬という季節性は、暖かい気候から徐々に冷え込み始めるので、書き始めは澄んだ空気や紅葉など秋晴れをイメージする明るい書き出しにし、結びの挨拶にてこれからの冷え込みに対してお体を気遣うような季節の流れを表す文章にするといいかもしれません。

 

手の込んだ綺麗な文章構成は相手に丁寧で好印象を与えることでしょう。

 

時候の挨拶で10月上旬の場合の結びの挨拶_親しいひとへの例文は?

 

 

10月は行楽シーズンで、イベントも多いことでしょう。

 

親しいひとへの結びの挨拶は関係性を表すような具体的なエピソードを入れたり、イベントの情景が思い浮かぶような表現があってもいいかもしれません。

 

失礼のない程度にひねることも悪くないでしょう。

 

また「芸術の秋」や「スポーツの秋」「食欲の秋」とも言われていますので相手のご趣味にあった言葉を使うのもいいですね。

 

例としては

 

「ご趣味の美術館鑑賞にぴったりの季節ですね。秋を存分にお楽しみください。」

 

「紅葉に彩られる好季節を、どうかお健やかにお過ごし下さいますように。」

 

「行楽シーズンです。秋の風景を見がてら是非こちらへも遊びにいらしてください。」

 

「味覚の秋とはいえ、身体が資本です。お互い体重管理と健康管理を怠らないよう、気をつけましょう。」

 

などです。

 

こちらも拝啓で書き出していたら敬具で結びましょう。

 

さいごに

 

秋という季節は四季ならではの趣のある季節ですね。

 

中でも10月上旬は気温や日の長さの変わり目です。

 

時候の挨拶は手紙に色を持たせるような表現であることがわかりました。

 

通常の書き方のマナーを含め、ビジネスシーンであっても、親しいひとへの手紙であっても季節感のある素敵な手紙を書けるようになりたいと思いました。

 

丁寧で相手を気遣う文章は、日本文化的なおもてなし精神の伝統だと思います。

 

電子化が進む現代でこそ、しっかりと見直して、取り入れていきたいですね。

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事