血液型検査で子供の料金は?どこでやってる?無料でできる?自宅で検査は?

 

以前は子どもが生まれたときに検査してもらうことが多かったであろう血液型検査。

 

現在では生まれてすぐ検査をしないという産婦人科も増えているようです

 

その理由の一つに子どもがある程度成長を遂げるまでの間は血液型が確定しないといわれる理由が浮上したことにもよるのだそうです。

 

とはいえ、検査しなければいつまでたっても血液型わわからないままであるので、どこかで検査をする必要性が出てきたりすることもあるでしょう。

 

血液型検査で子供の料金はいくらになる?

そもそも、血液型検査の費用はいったいいくらかかるものなのか、まだまだ巷では知られていない部分ではないでしょうか。

 

結論からいうと、一概にいくらという定めはないということです。

 

そもそもまず、健康保険が適用されるのかという点について。

 

これは、治療のために血液型を知らなければならず、その過程の一貫として検査を必要とする場合は適応されるそうです。

 

治療に伴って血液検査やレントゲン検査などをするのと 同じように、それを調べなければ治療ができないため、必要な検査だからという理由です。

 

その一方で、健康であり今治療の必要性がない場合に、将来のために知っておきたいとい った場合は、健康保険の適応がないのです。

 

治療目的での検査ではなくなるからです。

 

この場合の費用は子どもの検査に関しては平均的に数百円から数千円位が一般的なようで す

 

金額の開きはありますが、クリニックなどの医療機関によってかなり変動があるため、一 概には断定できないのです。

 

子供の血液型検査ってどこでやってるの?

基本的にはクリニックなどの医療機関で受けることができます

 

ただし、規模の小さいクリニックの場合は外部の検査機関に検体を送って検査をしてもらう必要があることが多いです。

 

クリニックでは基本的に受け付けてくれることが多いですが、料金が本当にクリニックによってバラバラですので、まずはどのくらいの料金で対応してくれるのかをしっかり調査した上で検査を行ってもらうのがよいでしょう。

 

どもの血液型検査は無料でできるの?

本当に無料で検査できてしまう方法としては年齢制限がありますが、「献血」です。

 

ただしこれは16歳からになってしまうので、中学生未満の子どもは行うことができません。

 

急ぐ必要がない場合や、もうすでに高校生以上のお子様限定になります。

 

しかし、血液型を知るためという目的での献血は、時に血液型を知るためだけに献血をするのはどうなんだという意見も散発したりしているのが現状です。

 

献血はボランティア活動であることから、ボランティア目的でないなら献血はすべきでないという意見があるようです

 

ただ、それでも献血をするということ自体が素晴らしいことであることに変わりありません。

 

どんな動機であれ、血液を必要としている方の役に立つ行動をしているということに、賞賛の意を表したいと考えます

Sponsored Links

 

あとは、血液型検査キットというものがネットショップでも購入することができるようです。

 

これは遺伝子を調べる検査であるため、通常の ABO 式血液型だけでなく、同じ A 型で も AA、AO、B 型でも BB、BO などの遺伝子型まで判定することができます。

 

検査キットでは年齢制限はなく、生まれたばかりの0か月の新生児でも使用することがで きるのだとか。

 

血液での検査とはまた異なり基本的には遺伝子型を検査しますので、通 常の検査では血液型が正しく測定しづらい 0 歳~3 歳の子供でも検査することが可能です

 

自宅でできるという点と、痛みを伴わないという点に関しては魅力的ですが、価格帯にお いては高額となるため、気軽にできるものではないというのがわかります。

 

ただし、結局これもキットを購入する分の費用がかかってしまいます。

 

キットの費用は15000円~40000円くらいとこちらも開きがあるのと、価格あかなり高額であるため、それであれば医療機関で検査してもらうほうがかなり安価で調べる ことができるでしょう。

 

自宅でできる子供用の血液型検査キットはある?

自宅でできる検査キットについてですが、これは針を刺すものではないため、痛みや出血 もありません。

 

まず手順として、郵送されてきたキットを取り出し、その中に同封されている専綿棒 で口の中をこするだけという、痛みや苦痛のない簡単な検査になります

 

口の中をこすっ た綿棒専用の封筒に入れたのち郵便ポストへ投函します

 

郵送してからおおよそ1週間 前後で結果報告が送られてくるのだそうです

 

上記にも述べた通り、キットの検査は遺伝子を調べる検査になります。

 

遺伝子検査は非常に高度な検査になります

 

従って血液による血液型検査に比べると、その何倍にもなる精度の高い検査結果が得られるということになります

 

あるネットショップでは、1 つのキットの中に 2 つの検査用の綿棒が入っていてその 2 分を検体として提出し、検査機関ではそれぞれ別々に検査し、結果が一致した場合のみ検査結果として郵送するというものになるそうです

 

一致しなかった場合は、再検査という段階を踏み、再度郵送して一致するかどうかを調べます。

 

金額はともかく、簡便性と正確性に関しては確かであると思うので、多少値段が高くても いいという場合には、とてもおすすめの検査方法であるといえるでしょう。

 

まとめ

 

以上のように、子どもの血液型診断は、最近では出生時にすぐに行わなくなったという時 代背景が故に、浮彫になった問題であるといえます。

 

そのため、別の機会で検査しなければならなくなり、費用や方法が問題視されるようになったのでしょう。

 

自宅か医療機関なら、圧倒的に医療機関の方が価格は安価なので、手間だなと思う場合であっても、例えばタイミングとしては、お子様が風邪やなんらかで医療機関にかかったタイミングで一緒に検査を依頼すれば、検査のためだけにわざわざ足を運ぶ必要がないので おすすめといえます。

 

また、日常生活において、血液型が必ず必要になるタイミングはそう頻繁にはないでしょう。

 

そのため、急いで検査をせずとも、医療機関にかかるタイミングや、どうしても調べなくではならない時に合わせて検査をしてもよいのではないかと考えます。

 

方法や費用も、様々あるため、ご自身のあった方法を吟味することが大切でしょう。

 

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事