雛人形の処分は無料で可能?処分の時期はいつ?供養は必要?

 

雛祭りは3月3日に設定された女の子の健やかな成長を祈るお祭りです。

 

節句という年中行事のくくりで季節ごとの節目に行われる行事をいいます。

 

桃の節句とも言われています。

 

雛祭りで欠かせないものといえば、雛あられや菱餅ちらし寿司ですね。あとなんといっても雛人形です。

 

雛人形は宮中の殿上人を模してつくられています。

 

古くから嫁入り道具とされてきた雛人形は、遠方から嫁いできたときに持ち込まれたこともあるため、地域差は一概には言えませんが、関東地方、関西地方で二分できます。

 

関東地方では主に武家の持ち物・暮らしを表したものが多く、関西地方では御所・宮中の暮らしを模したものが多いです。

雛人形の種類について

 

内裏雛(だいりびな)男雛、女雛で親王と親王妃を表すとされています

 

所謂「お内裏様、お雛様」のことです。

 

雛段の頂上に配置します。

 

三人官女(さんにんかんじょ)宮中に仕える女官を表し、通常3体1組として雛段2段目に配置します。

 

五人囃子(ごにんばやし)能のお囃子を奏でる5人の楽人を表し、右から謡(うたい)、笛(ふえ)、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、そして太鼓(たいこ)の順であり、右から楽器が小さい順番に並んでいる。雛段の3段目に配置します。

 

随身(ずいじん または ずいしん)通称、右大臣と左大臣です。武官を表しています。

 

雛段の4段目に配置します。

 

仕丁(しちょう)従者と護衛を表していて、通常3人1組として雛段の5段目に配置します。

 

雛人形は立春(節分の翌日)から2月中旬にかけて飾るとよいと言われています。

 

節分で豆まきをして厄を払ったあとに飾る、という流れで覚えておくとよいでしょう。

 

雛祭り、桃の節句は春の節句なので、春の訪れを表す立春がいいとされています。

 

雛祭りが終わり雛人形を片付ける時期は地域によって違います。

 

また古くなったものでしたり処分を考える方もいるでしょう。

 

雛人形を処分する時期はいつが良い?

 

雛人形は女の子の健やかな成長を祈り、飾られます。

 

娘の身代わりに厄を引き受けてくれるとされています。

 

処分にあたって主なタイミングは

 

  • 厄年を終えたとき
  • 娘が結婚したが雛人形を置いていく場合
  • 子供が成人したとき
  • 飾る場所や保存場所がなくなったとき

 

このようなタイミングで処分に至ることが多いようです。

 

長く飾っていたいですが、そうできなくなってしまったときが、時期と言えます。

 

季節性など日付の決まった時期はないので、いつがいいと言い難く各家庭のタイミングになります。

 

雛人形の処分方法のバリエーションは?

 

では、いざ処分するとなったときどのような方法があるのか。

 

まずは状態がよく綺麗ならニーズのある施設や団体への寄付や、親戚や知り合いなどへの贈与です。

 

老人ホームや福祉施設、保育園、幼稚園などは寄付を募集している場合があります。

 

家から近い施設に伺ってみたり、自治体に問い合わせてみましょう。

 

あとは「ビックひな祭り」という、全国から雛人形を募って飾るお祭りがあります。

 

徳島県の発祥で現在は全国4か所でおこなわれています。(徳島県、千葉県、長野県、和歌山県)

 

類似イベントもあるようで、寄付を募っています。

Sponsored Links

 

時期や費用が団体によって違うのでHPなど確認をしてください。

 

このビックひな祭りでは飾ったあとにしっかり供養してくれるので気持ちの面でも安心です。

 

古くは1人につき1組の雛人形でしたので、人に譲るのはよくないとされていましたが、現在はあまり気にせず譲り合うことが多いようです。

 

雛人形も安いものではないので近しい人で欲しい方がいるなら是非譲って大切にしてもらいたいですね。

 

雛人形の処分を無料でする方法は?

 

上記で書いた施設や知人への贈与は無料でできます。

 

他にも自治体のリサイクルセンターに出して引き取ってもらうこともできます。

 

しかし引き取り時期が決まっていたり状態が悪すぎると不可能な場合もあるようです。

 

他にも買取業者を利用すると収入にならずとも無料で引き取ってくれる場合があります。

 

もちろん業者によってさまざまですので詳細を確認し、手数料など経費が買取額を越さないように気を付けてください。

あとはフリーマーケットやオークションへ出店。外国人の多い開催地やインターネットオークションの利用で海外の方に買ってもらえる可能性があります。

 

日本文化を好む方は多く需要もあります。

 

こちらも手数料などの経費に注意してください。

 

思い入れのある雛人形ですのであまりおすすめできませんが、割り切ってゴミとして不用品回収に出す方法もあります。

 

自治体のゴミ回収にて雛人形は通常のゴミとして分類されていることが多いです。

 

可燃、不燃は地域によって変わるので一概に言えません。

 

分解をしてもかさばる大きさの雛段は粗大ごみ制度を利用することになるでしょう。

 

こちらも自治体によって手数料がかかるので要確認が必要です。

 

民間の不用品回収業者もあります。

 

24時間対応など手軽で都合がつきやすいので便利ですが、自治体よりも費用が高く、不正業者やトラブルなどもあるので注意したほうがいいでしょう。

 

雛人形の処分に供養は必要?供養の方法は?

 

雛人形は代わりに厄を引き受けてくれる役目があり、怖い話ではないですが人形には魂が宿るともよく言いますので、処分の際に気になる方が多いと思います。

 

基本的には気になるなら供養はしてもらうべきです。

 

後ろめたさや、罪悪感をもつこともあると思います。

 

人形供養はその気持ちが楽になるためにすることです。

 

神社やお寺ではできるところと、できないところがあるのでまずは近いところに問い合わせるといいでしょう。

 

あとは年に1度供養祭をしている神社や、人形供養で有名な神社へ郵送することもできます。

 

供養の流れは神主や住職が祈祷し、境内でお焚上げするのが一般的です。

 

費用は有料のところがほとんどでしょう。

 

直接もっていけない場合には日本人形協会が人形供養代行をしているのでそちらの利用も手段です。

 

あとは遺品整理業者も処分をしてくれます。

 

神社やお寺と提携している業者もありきちんと供養してくれます。

 

段ボールごと定額で値段設定してるケースもあり、写真やアルバム、万年筆、神棚にも対応しているので一緒に処分をすることもできます。

 

さいごに

 

処分を決めてから感謝の意味もこめて、供養でも贈与でも廃棄でも雛人形は汚れをきちんと落とし綺麗にしてあげたいものですね。

そして1度飾ってみて付属品は揃っているかなど確認もしてみましょう。

 

 

思い入れのある品でしょうから、気持ちよく処分できる方法を選んでくださいね。

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事