、入学のシーズンです。

ちょっと前まで小学生だったお孫さんが、時が立つのは早いものでもう中学生に……。

そういう祖父母の方も多いのではないのでしょうか。

学生服に身を包んで立派になったお孫さんに、何かしらのお祝いをしたいものです。

さて、お孫さんの入学祝いですが、皆様どの様に考えていますか?

いくら渡せばいいの?

いつ渡せばいいの? オススメは?

今日はそんな疑問についてまとめてみました!

孫のあげる中学生入学祝いの相場はいくら?

中学生の場合、だいたい相場は1万円~3万円程と言われています

祖父母から見て息子・娘夫婦の収入もある程度増えてくる時期だと思うので、むしろ小学生の時よりも控えめなケースもあるようです。

孫可愛さに相場を超えて上げたりするのはオススメしません

相場の金額に落ち着いたほうがいいでしょう。

子供夫婦とトラブルにならない為に気をつけるポイントは?

 

「きょうだいで差をつけない」

 

きょうだいがいる家庭は必ず注意してください!

筆者は弟なのですが、中学の入学祝いは兄よりもちょこっと多く貰いました。

それに対して兄は激怒!

「なぜ弟の方が扱いがいいんだ!」

うちの両親は卒業祝いをちょっと多めにすることで事なきを得ました。

下手をするときょうだいの間の溝が深まってしまうこともります。

なので、入学祝いはだいたい同じ金額、同等の品物にしましょうね

中学生の入学祝いを渡す時期はいつ頃なの?

 

中学校の入学式は4月初旬にあります。

ですので、慌てて渡してバタバタしない様に余裕を持って1週間から1ヶ月前には渡して起きましょう。

渡すのが遅れてしまうと、「おじいちゃん、おばあちゃんに入学祝いを貰えなかった……」

と悲しませる結果になりかねません。

だから、タイミングはしっかりと考え、お孫さんを喜ばせてあげましょう

人気でおすすめのプレゼント5選

本当なら現金を渡して好きに買って欲しいかもしれませんが、

ここでは気持ちを渡すという意味でもオススメの“贈り物”をランキング形式で紹介いたします。

 

_カラーペンシルケース


中学生になると教科がいきなり増えます。

社会が地理・歴史になったり、理科が科学・物理になったり……。

そういう場合、ノートの取り方も重要になってきます。

図によって色分けすることで、ノートが見やすくなり成績も上がります

お孫さんもノートを取るのが楽しくなるでしょう

昔からの定番商品ですがオススメです。

▶︎詳細>>コチラ

 

_鉛筆削り器

シャープペンシルが増えてきたとは言え、まだまだ鉛筆も現役で活躍しています。

その場合に役に立つのがこの鉛筆削り器です。電動ではないため机のどこにでも置けますし、鉛筆の削り方から学ぶ事も多いでしょう。

チャックレバーが無いタイプなので指を挟む心配もありません!

これも安定した贈り物の一つです。

▶︎詳細>>コチラ

_名前入りボールペン


中学校はだいたい2~3校の小学生が一つに集まるので、生徒数が一気に増えます。

そうなるとどうしても増えてしまうのが「無くし物」です。

名前が書いていないと持ち主がわからずに無くなってしまうケースもあります。

せっかくの贈り物なので安心の名前入りタイプのボールペンをプレゼントしましょう。

きっと喜んでくれますよ。

▶︎詳細>>コチラ

_財布


成長に連れお小遣いも増えていきます。

行動範囲も広がります。

そうなると持ち運ぶお金も増えるでしょう。

またキャッシュカードやお店のポイントカードも増えるでしょう。

そこでしっかりとしたお財布をプレゼントしてはいかがでしょうか。

中学生にもなると100均のマジックテープビリビリーじゃ格好がつきません。

同級生に差を付けるかも?

▶︎詳細>>コチラ

_腕時計

時間割も複雑になり、小学校よりも時間が厳しくなる中学生には必須のアイテムといえる「時計」が第一位です!

友達の待ち合わせを調べる時も、バスの時間を調べる時も、腕に巻いた時計で全て解決です!

背伸びしたいお年頃ですので、オシャレな商品をプレゼントしましょう。

態度も大人びて、素直になっちゃうかもしれませんよ。

▶︎詳細>>コチラ

まとめ

いかがだったでしょうか。

入学祝いと一口に言っても相場、タイミング、トラブルなど奥が深いものといえます。

もう一度おさらいしてみましょう。

● お孫さんの入学祝いの相場は中学生の場合、だいたい相場は1万円~3万円程です。

金額には十分に注意しましょう。予期せぬトラブルを生む原因になりかねません。

● 子供夫婦とトラブルにならない為に気をつけるポイントは、もしきょうだいがいる場合は「きょうだいで差をつけない」ことです。

● 入学祝いを渡すタイミングは余裕を持って1週間から1ヶ月前ぐらいにしましょう。

子供夫婦もこの時期は出費がかさむ時期なので喜ばれることでしょう。

● オススメの“贈り物”は腕時計や財布などが喜ばれます。

● 入学祝いを渡し、晴れて中学生になったお孫さんに温かな言葉をかけてあげましょう。

「中学校入学おめでとう!充実した3年間になるといいね!」

おすすめの記事