あせもは赤ちゃんや小さい子供にしかできないと思っていませんか?

 

今、大人のあせもが増えてます

 

夏になってくると、肘・膝の内側や背中・腰のあたりが痒くなって来て、気づいたらあせもができている時ってありますよね。

 

大人のあせもはどのように対処・予防すると良いのでしょうか

 

そもそもあせもってなぜなるの?なぜ子供ができやすいの?

汗は体内で作成され、汗腺という皮膚に空いている穴から体の外に排出されます

 

しかし、大量に汗が出来たり、また汗腺が何らかの原因で詰まったりすることによって、汗がうまく排出されずに、その周辺に炎症ができてしまった状態が汗疹になります。

 

台所のシンクにゴミが詰まってしまい、排水がされずシンク全体が汚れてしまった状態をイメージしてもらえばいいでしょうか。

 

そして、子供に汗疹ができやすいのは、汗腺が小さいために汗を充分に排出することができないためです。

 

排水口の穴が小さい、というわけですね。

 

大人のあせもの症状3タイプとは?

大人があせもになるタイプは下の3つに分けられます。

 

なお、あせもは正式には汗疹(かんしん)といいます。

 

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

一度にたくさんの汗をかいた時に直径1~3mm位の水滴のような小さな水ぶくれができます。

 

かゆみがないなど自覚症状が少なく、数日のうちに自然治癒することが多いです。

 

見た目以外に特に大きな変化がないので、特に気にされず見過ごされることもあります。

 

「紅色汗疹」(こうしょくかんしん)

いわゆる「あせも」です。

 

発汗の多い人や乳幼児に多く見られます

 

赤いブツブツや赤みが現れ、かゆみや刺激感があります

 

紅色汗疹をかきむしることで肌を傷付け、化膿させてしまうと、とびひなどの感染症を引き起こすこともあります。

 

また汗腺が詰まったことによって発汗がうまくいかず体に熱がこもってしまい熱中症を起こすこともあるので、たかが汗疹だと思って甘くみていると大事になりますので、注意が必要です。

 

「深在性汗疹」(しんざいせいかんしん)

紅色汗疹の重症な場合で、肌のより深い部分で汗管が破裂することで発症します。

 

極端な高温での環境下で発生するため、日本ではあまり見られません

 

この記事では主に紅色汗疹を中心に考えていきます。

 

大人のあせもは衣類(下着)の密着が原因?冬でも危険!背中や腰にできやすい?

なぜ、いま大人のあせもが増えているのでしょうか

 

一説によるとクールビズが広まったことで、事務所の温度が上がったからだという指摘もあるようですが、本当のところは分かりません

 

しかし、下着の密着があせもの原因になることはあるようです。

 

下着のゴムのところに汗が溜まって、かゆくなったりしますよね。

 

また、大人のあせもは冬も要注意です。

 

夏は多量の汗と不衛生が主な原因ですが、冬は乾燥によって起こることが多いです。

 

また冬は厚着になりますので、暖かい室内で衣服の着脱ができない場合に、背中や腰に汗がたまり、あせもができやすくなるようです

 

大人のあせもの治し方は?

それではあせもができてしまった場合は、どうすればいいでしょうか。

 

まずは、かかないことです。絶対に!

 

でも、かきたいですよね。分かります。

 

かゆいのにかいちゃだめというのは、目の前にある美味しいケーキを食べちゃダメというくらいつらいものです。

 

でもやはりかいてはダメなんです。

 

かくと水泡がつぶれさらに状況が悪くなります

 

かくことで一時的な苦しみは逃れるかもしれません。

 

でも、それはヘビが自分のしっぽを食べるようなもので根本的な解決にはなりません。

 

ひどいととびひになってしまいます。

 

どうしてもかゆくてがまんできないときはあせも用の塗り薬を塗りましょう

 

または冷やすことも効果的です。

 

また、あせもに乾燥は大敵です。

 

お風呂上がりには、ローションや乳液などでしっかりスキンケアする事が大事です。

 

また重症の場合は「フルコートf」などのステロイド系の塗り薬を使用することも考えましょう。

 

どうしても症状が治らず長期化する場合には、迷わず皮膚科を受診しましょう。

 

大人のあせもどう予防する?

あせもは治すこともできますが、可能なら最初からできないに越したことはないですよね。

 

おとなのあせもの予防をするにはどうしたらいいでしょうか。

 

1. 汗はすぐ拭く

まず、基本ですが汗をかいたらすぐふきましょう

ハンカチやハンドタオルは持ち歩きましょう。

 

2. 下着をこまめに替える

汗をかいた下着をそのまま着用することはNGです。

また、寄せるタイプのブラジャーは汗がたまりやすいので、要注意です。

 

3. 帰宅したらシャワーを浴びる

帰宅したらなるべく早くシャワーを浴びましょう。

肌を極力清潔に保つことが大事です。

 

4. エアコンを上手に使う

汗をかかなければあせもはできません。

室内を冷やしすぎない程度に、汗をかかない温度に保つようにしましょう

 

あせもを甘く見てはいけない!

あせもって甘く見てしまいがちですが、出来てしまうとかゆくて集中できなかったり、ひどくなると動くのもおっくうになってしまったりで、結構やっかいですよね。

 

まずはしっかり予防し、できてしまったらこまめに対策をとりましょう

おすすめの記事