2019年韓国旅行は危険?女性一人旅のリスク4つと回避術は?

 

昨今、韓流ブームといって韓国がとても話題になっていますね。

 

韓国は日本からも近く、 気軽に行ける海外の一つでもあると思います。

 

また、国内旅行よりもかえって安く行けることもあるので、それらがさらに人気に拍車をかけているようにも思えます。

 

また、美容大国ともいわれており、女性にも人気の観光スポットになっています

 

そんな韓国ですが、 その反面で危険もたくさん潜んでいるのが実情のようです。

 

せっかくの旅行ですから、安全に楽しみたいですよね。

 

そこで韓国旅行を安全に楽しむための情報をまとめました。

 

韓国旅行が危険な理由とは?2019年は大丈夫?

 

韓流ブームや K-POP ブーム到来以降、世代問わず韓国旅行が人気になっている今日ですが、 実は、そんな人気の韓国旅行が外務省から危険であるといわれているのです。

 

その理由として、

 

・韓国の犯罪発生リスクを日本と比較すると殺人が約2.5倍、強盗が約1.2倍である

 

・緊急事態発生時の対策面で北朝鮮の関係において、朝鮮半島情勢が引き続き予断を許さない状況にある


スリや置き引きが大都市圏ではとくに危険であること

 

などが挙げられます。

 

昨年は冬季オリンピックの影響もありましたが、本年は主に上記が挙げられると思われます。

 

韓国の女性一人旅で気を付けること3つとその回避術について

 

スリやレイプ

 

主に、ソウルや釜山などの大都市圏であったり、観光地や満員電車に多いとされています。

 

特に南大門や東大門などの人気となる観光地である市場などではプロのスリなる者が荷物からあっさりと財布を抜いていってしまうといわれており、危険です。

 

常に財布などの貴重品はカバンに入れ、カバンのふたも確実に閉める。

 

そして肌身離さず 持ち歩くことです。

 

韓国はとにかく人と人との距離が近いとされています。

 

スリだけじゃなく、至近距離で近づいて来たり、ぶつかってきたりすることもあるので気を付けなければなりません。

 

また、女性の旅行で特に気を付けたいのがレイプです。

 

韓国国内にて、日本人の女性観光客への性的犯罪が後をたたないというのです。 韓国における1年間の強姦発生件数も日本の約40倍と言われており、その常習性を物語っている調査結果となっているのです。

 

対象は女性をはじめとして、幼稚園児小学生にまで及んでいるといいます。

 

できるだけ、人目のない暗い道には立ち寄らないのが重要です。そういった死角となるところで犯人は待ち構えています。

 

タクシー

 

韓国のタクシーは料金も安く、日常生活の足ともなっているくらいだといいます。

 

その手軽さゆえに、観光客もよく利用しているのが現状です。

 

しかし、ここにも注意しなければならない点があります。

 

一般的なタクシーは料金が最も安く、その分運転マナーが悪かったり、接客態度が悪いとの声も聞かれているようです。

 

相乗り、ぼったくり、乗車拒否のトラブルが多いのもこの一般的なタクシーに多いとされています。

 

このようなタクシーを避ける方法の一つに、韓国には模範タクシーというものがあります

 

これは、一般のタクシーよりも料金設定がやや高めではありますが、車両も高級で運転手さんのマナーもよく、安心して利用できるものになります。

 

さらに、怪しいタクシー会社かどうか見分ける方法として、運転手さんの身分証を掲示してあるかどうかです。

 

身分証がないのはやましいことがある何よりの証拠ですので、急いで車を降りるのが肝銘です。

 

また、怪しいタクシーにはメーターがあってもわざと使わずに、目的地に着いて一方的に法外な料金を請求してくることもあるそうです。

Sponsored Links

 

あとは、できるだけタクシーは利用しないで、公共の交通機関を利用するのが確実に避けられる方法になります。

 

韓国では夜の人通りの少ない道を歩くのは危険と言われています。

 

特にソウルでは、「女性安全帰宅スカウト」というサービスがあって、2人1組の隊員が夜の女性の一人歩きに対して注意喚起をしているほどなんです。

 

これは地元の女性に対して なのですが、逆に言うと地元女性でも危険なくらいなので、外国人女性が1人で夜道を歩くのはもってのほかというわけなんです。

 

もしも、夜に出かける際は、必ず人通りのある大通りを歩くのが良いでしょう。

 

非常時のために備えておきたいものとは?

 

たびレジ

 


たびレジというのをご存知でしょうか? このたびレジというのは外務省が提供しているサービスなのですが、これは海外旅行や海外への出張する方が、旅行日程、滞在先などの情報を登録しておくことで滞在先の最新の 安全情報や緊急事態発生の際の緊急連絡を受け取ることができるというシステムになって いるのです。

 

もちろん旅行中であっても常に最新の情報を得ることができます。

 

これは日本語で確認できるのでとても役立つツールになるかと思います。

 

翻訳しなければ使えないものとかであると、その分理解するまでに時間を要しますし、手間もかかります。その点日本語ですぐに知ることができるという点についてはとてもあり がたいですね。

 

旅行の際の保険加入

 

必要性はないだろうと加入されない方も多いかもしれません。

 

かくいう私もその一人。

 

しかし、海外でのテロや物騒な事件を耳にすると、加入しておくほうが良いかもしれないと考えるようになりました。

 

クレジットカードなどにも付帯しているのですが、これは自動で付帯している場合とそうでない場合とあるので確認が必要です。

 

例えば、楽天カードなどは海外旅行保険を有効にするには条件があるのです。

 

まず、「自宅から出発空港までの交通費の支払い」か、「海外旅行代金」のどちらかは楽天カードで払ってくださいというものです。

 

これにより、旅行保険が有効化されるのです。

 

さらに、後者の海外旅行代金についてですが、航空券の購入については対象であるようですが、海外でのホテルの手配については対象外になるなど、すべてが対象になるとは限ら ないようですので、しっかりその点は確認しておく必要があるといえます。

 

空港においても、出国するまでに旅行保険に加入できる機械が設置されていたりするようですが、価格や会社、補償内容をゆっくり確認できる時間的余裕がない場合もありうるかと思います。

 

可能であれば出国までに予めインターネットで検索しておいて内容を確認しておくとよいと思います。

 

日本領事館の場所や連絡先の確認

 

もしも何かあった時のために確認しておきたいこととして、日本領事館の場所や連絡先についてです。

 

インターネットで調べてメモしたものを常に携帯しておくことをおすすめし ます。

 

Wi-Fi などで家族と常に連絡ができる準備を

 

日本でもおなじみになっている Wi-Fi 機能ですが、海外旅行の際にWi-Fi をレンタルしている方々も多くなってきていると思います。

 

携帯会社においても海外で利用できるプランやオプションがありますが、パケット制限があったりという点がデメリットにもなりますね。


そこでおすすめなのが日本で
Wi-Fi をレンタルしていくということ。

 

韓国では、ホテルやカフェなどで Wi-Fi を利用することが可能ですが、屋外などでも利用したい場合にとても便利です。

 

これにより常に自身の近況を伝えることができます。

 

価格は会社によっても異なるので、自分にあった会社を検討されることがおすすめです。

 

 

以上、韓国旅行の際に気を付けるべき点や対策について述べてきました。

 

楽しいことも多い反面で、危険もつきものの旅行。

 

自分の身は自分で守るしかないので、 そのための対策はしっかり練った上で、心おきなく旅行を楽しみたいですね。

 

日本では考えられないような出来事が起こるのも事実。

 

だからこそ、不測の事態に備えて おくことに損はありません。安全に旅行から帰国するためにも、「自分に限ってそんなこと 怒らないだろう」と思うのではなく、「~かもしれない」という気持ちをもって対策を練ることが大切であると考えます。

 

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事