2019年に宝くじを買うのに良い日は?各種宝くじの最高の日をご紹介!

 

日頃から、ジャンボ宝くじなどをはじめとした高額当選する可能性のある宝くじを買う日はみなさんだったらどのように決めているでしょうか?

 

もちろん決めずに思い立ったときに購入するのもよいと思います。

 

しかし、せっかく購入するのであれば最適な日と言われている「開運日」に購入するのもまたおすすめです!

 

今回はそんな宝くじを購入するのに良い日とはいつなのかについて考察していきたいと思います。

 そもそも縁起が良い日とはどんな日?

 

宝くじ売り場に行くとよく「本日は一粒万倍日」であったり、「大安の日」「寅の日」などという張り紙を見かけたりすることはありませんか?

 

これらにはいったいどのような意味があるのでしょうか。

 

ここはぜひ一つ一つ意味をご紹介していきたいと思います。

 

天赦日(てんしゃにち)

 

天赦日というのは「天の神々が万物の罪を許す日」と言われていて、年に5~6回しか巡ってこない大吉日であるといわれています。

 

後に説明する一粒万倍日とこの天赦日が重なることがある日があるのですが、その日は特に最強の開運日と言われています。

 

大安

大安は暦の中でも一番有名である吉凶判断のうちの一つになります。

 

何事も良い日とされていて六曜の中でも一番の吉日とされています。

 

この日によく結婚式を挙げるご夫婦もいらっしゃいますよね。

 

この日は宝くじを買う日としてもおすすめの一日になります。

 

一粒万倍日

これは、「手元にあるわずかな資産を万倍に育てる」という開運の日の一つになります。

 

物事を始めたり、貯金を始めたり、宝くじの購入にもとてもおすすめの日といえます。

 

そしてこの一粒万倍日のもう一つの特徴に、別の開運の日と重なると運気は倍になり、仏滅などの縁起の良くないといわれている日と重なると、一粒万倍日としての幸運は半減してしまうといわれるものがあるのです。

 

この一粒万倍日は1か月あたり6,7回は巡ってくる開運日であるため、この組み合わせについても併せて見ておくとよいでしょう。

 

寅の日

 

寅の日というのは十二支の寅ことで、金運に良い日とされているのです。

 

なぜ寅なのかというと、寅というのは「出て行ってもまたすぐに戻ってくる力がある」と言い伝えられていることから、「出たお金もすぐまた戻ってくる」と言われており、このことが縁起がいい日と言われている理由なのです。

 

この寅の日に宝くじを買うことはもちろんのこと、財布を新しくしたりなどお金に関連することは何事も良いとされているのです。

 

 巳の日

 

この日も十二支の一つです。

 

この日の意味は弁財天にゆかりのある日だといわれていて、金運上昇に効果があるとされています。

 

したがって寅の日同様、財布の買い替えや宝くじ購入に良い日になります。

 

 2019年宝くじを買うのに「天赦日」と「一粒万倍日」の組み合わせは最高!2019年で最もよい3日間とは?

 

 

それぞれの吉日が重なる日というのが年に何回かあります。

 

その日が1年に数回しかなく、とても貴重とされています。

 

そんな最高の組み合わせの日は逃すことなく押さえておきたいところです。

 

そんな最高の日は2019年はいつなのかというと、

 

  • 1月27日(天赦日、一粒万倍日)
  • 6月26日(天赦日、一粒万倍日)
  • 9月8日(天赦日、一粒万倍日、大安)

 

この3日間になります。

 

しかしながらこの3日間にジャンボ系の宝くじは該当なしの予定となっています。

 

その点については残念ではありますが、その他にも宝くじの販売はあるので、そこで賭けてみるのも一つ。

 

ジャンボ系の宝くじは販売期間の中で最も良いであろう日に購入してみるとよいでしょう。

 

 2019年の寅の日は?その中で大安と重なる日はいつ?

 

Sponsored Links

寅の日だけでも金運のいい開運日になりますが、そこに大安が重なるとさらに運気は上昇するといわれています。

 

では、2019年についての寅の日と大安が重なる素晴らしい開運日はいつになるのでしょうか?

 

寅の日自体が1か月につき2,3日あります。

 

その中で大安と重なる日をご紹介します。

 

  • 1月17日、29日
  • 9月2日、14日、26日
  • 12月31日

 

以上が2019年の寅の日と大安が重なる日になります。

 

1年の中で6日しかありません。

 

いかにこちらもまた貴重な日であるかを伺い知ることができます。

 

9月に集中しているのもすごいですよね。

 

ぜひこの日はお金にまつわることを実行してみるとよいのではないでしょうか?

 

2019年巳の日は?その中で大安と重なる日はいつ?

 

では次に、巳の日についても同様に見てみるとどうでしょうか。

 

巳の日もまた1か月に3回ほどしか巡ってきません。

 

その中でも大安と重なる日はさらに希少価値が高くなります。

 

大安と重なる日は以下の日付になります。

 

11月4日、16日これから訪れる中で、たったこの2日だけなのです。

 

とても貴重な2日間と言えそうですね。

 

ほかはすれ違いばかりで重なる日がありませんでした。

 

ぜひ2回しかないこの貴重な日をしっかり記憶しておくとよいでしょう。

 

2019年各種宝くじに最適な吉日とは?

 

 

主なジャンボ宝くじごとに吉日となる日は押さえておきたいですよね。

 

この項では各種宝くじごとに最適な日を見ていきたいと思います。

 

ドリームジャンボ宝くじ

 

ドリームジャンボ宝くじは毎年4月上旬~下旬ごろに発売されます。

 

1等は3億円です。

 

この期間中にあたる吉日は、4月11日の天赦日と寅の日の重なった日になります。

 

ドリームジャンボ発売期間中では一番の吉日となります。

 

サマージャンボ宝くじ

 

サマージャンボ宝くじは毎年だいたい7月上旬から8月上旬ごろに発売されます。

 

1等は5億円です。

 

この期間中にあたる吉日は7月8日、および7月20日の大安と一粒万倍日の重なった日になります。

 

これがこの期間中の最も吉日となる日になります。

 

ハロウィンジャンボ宝くじ

 

ハロウィンジャンボ宝くじは、その前の呼び名がオータムジャンボ宝くじというものでした。

 

この発売期間は10月上旬~10月下旬ごろまでとなります。

 

1等の金額は3億円となります。

 

この期間中に関して、2019年は残念ながら吉日が重なる日がありません。

 

重ならない分、単体の吉日に関しては点在しているのが特徴になります。

 

この期間はその大半がなにかしらの吉日にあたるので、大安がいい、寅の日がいいなど、各々の決めた日に購入するのが良いでしょう。

 

大安の日は10月1日、7日、13日、19日、25日一粒万倍日は10月2日、12日、15日、24日寅の日は10月8日、20日になります。

 

年末ジャンボ宝くじ

 

年末ジャンボ宝くじは、毎年11月下旬ごろから12月中旬ごろまでが発売期間になります。

 

1等当選金額は7億円となります。

 

この期間中にあたる吉日は12月3日の大安と一粒万倍日の重なった日が最も良いといえるでしょう。

 

まとめ

 

以上、2019年の宝くじ購入に向けた吉日についてご紹介してきました。

 

ぜひ、皆さまもこの吉日を参考にしていただき、ぜひ夢を現実にする第一歩を踏み出していただけたらと思います。

 

どうか、皆さまの夢が現実となる日が訪れますように。

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事