石灰を溶かす方法は? 加湿器やトイレやお風呂の汚れの落とし方は?

 

トイレの汚れや水を入れたままの加湿器、そしてお風呂

 

放置しておくと白い汚れがやがてザラザラした塊となり、石のように固い石灰汚れとなってしまいます。

 

いざ除去しようと思ってもこびりついていて中々手ごわい…。

 

綺麗にするには力技ではなくコツがいるんです♪

 

今回は石灰を楽に落とす方法をお教えいたします!

 

石灰ができる原因は何?

 

石灰ができる原因は主に2つあります。

 

加湿器やお風呂、台所周り…水道水のカルキ

 

水回りに残る白いまだら模様のような汚れのことで水垢とも言います。

 

カルキは主にミネラル成分でできており、水道水を安全に使えるように除菌目的で入れられています。

 

水回りに発生しやすいのは水分が蒸発して成分だけのこるため。

 

ミネラル成分とはカルシウムや塩分、マグネシウムなどのこと。

 

人の骨を構成する成分と言えば固いイメージが伝わるのではないでしょうか。

 

時間が経つほど固まって頑固な汚れとなり取れにくくなります。

 

スポンジで擦っても中々取れません。

 

むしろ擦り過ぎは加湿器やシンクを傷つける原因となるので注意ですよ!

 

トイレ…尿の成分が固まったもの(尿石)

 

便器にできている黄色や茶色の汚れです。

 

見た目も汚い上に落ちにくいという厄介者。

 

こちらも尿に含まれるカルシウムなどの成分が固まってできます。

 

中にはアンモニアが含まれており雑菌もたっぷり…臭いの元にもなります^^;

 

見ないふりをしたい所ですが配管に付着すると詰まりの原因となってしまうので小まめに除去を行いましょう。

 

加湿器汚れの石灰を溶かす方法は?

 

水を入れるボトルは白いまだら模様の汚れ。

 

フィルターやキャップ、水が通る所は特にカルキ成分が残りやすく、石のようにこびりつきやすくなります。

 

そのままにしておくと故障の原因となりえますので見つけたらすぐに掃除を行いましょう。

 

早ければ早い方がいいです!

 

カルキの成分はアルカリ性。

 

なので酸性で中和しましょう。

 

では、酸性で中和するためには一体どういう方法があるのか? 次章で説明いたします!

 

酢を使う

 

用意するもの…酢、水、キッチンペーパー

 

酢と水を6:4で混ぜたものをキッチンペーパーに吹きかけて拭き取ります。

 

石のようになったものは一晩つけ置きして歯ブラシなどで優しく擦って落とします。

 

落とした後は水洗いして乾いた布などでふき取りましょう。

 

安価ですが、しばらく酢の臭いが残るので起動する度にすっぱいにおいがしても気にしないという人向けかも(笑)

 

クエン酸を使う

 

用意するもの…クエン酸の粉末(薬局で売ってます)と水

 

200㏄の水にクエン酸大匙2~3を混ぜてクエン酸液を作ります。

 

固まっている部分にかけて1時間ほど置いておくと塊がほぐれて柔らかくなってきます。

 

スポンジなどで優しく擦って落としましょう。

 

棒の先に細いスポンジがついたものがおすすめです。

 

100均にも売っていますよ^^

 

粉タイプは自分で濃度を決められるのでオススメですよ〜

 

掃除用のクエン酸は濃度が高いので注意!

 

クエン酸には色んなタイプがあり、スポンジに染み込ませてあるタイプ泡で出るタイプなど使いやすい工夫がされています。

 

掃除用に作られている為、濃度が高く直接肌に触れると荒れる原因となります。

 

使う時は説明書をよく読みゴム手袋を着用しましょう。

 

ボトルに附着した白い汚れはスポンジタイプで擦る、石のようになったものには吸着する泡タイプが効きますよ~^^

 

トイレ汚れの石灰を溶かす方法は?

 

トイレの排水溝や便座内側の淵に発生しやすくなります。

 

便座内側は掃除がしづらく、気づいたら汚れてた!なんてことも…。

Sponsored Links

 

尿に含まれる石灰もアルカリ性なので酸性で中和しましょう。

 

菌が発生しているため除菌することも大切です。

 

では、酸性で中和するためには一体どういう方法があるのか? 次章で説明いたします!

 

酸性洗剤を使う

 

トイレットペーパーに酸性洗剤をつけて尿石部分をパックします。

 

2~3時間放置して柔らかくした後、トイレ用のブラシで優しく擦ります。

 

ちょっと抵抗あるかもしれませんが柄の短いハケなどの方が細かい汚れが落ちやすいです。

 

尿石は厄介なので1回で落ちることは稀。

 

回数を重ねて徐々に小さくしていくのがコツです。

 

ジェル状になっていて吸着力のある洗剤も出ています。

 

パックする時間を厳守しなければ変色する恐れもありますので使う前に説明書をよく読みましょう。

 

トイレの材質によっては酸性洗剤を使えない場合もあります。

 

例えば大理石。

 

豪華なトイレの方は注意ですよ(笑)

 

こちらは、酸性のジェルを使って尿石を落とす動画です。

※【閲覧注意】結構汚いので食事中の方は見ないほうがいいですよ^^;

 

 

普通こすったら絶対落ちない汚れがハケで簡単に落ちていてびっくりです!

 

尿石落とし

 

どうしても落ちないザラザラは物理的なものに頼るしかありません。

 

尿石用のサンドペーパーやタワシなどを使って落としましょう。

 

力を入れすぎると便器に傷が入るので注意ですよ!

 

マイナスドライバーやヘラなどは絶対に使ってはいけません^^;

 

傷が入るとそこに汚れが附着して手の施しようがなくなります(泣)

 

お風呂汚れの石灰を溶かす方法は?

 

お風呂の蛇口まわりやシャワーの穴にできやすい石灰。

 

シャワーの穴に詰まると目詰まり、ヘッドに詰まると勢いが弱くなってしまいます。

 

お風呂の石灰も酸性で落とすことができますよ!

 

クエン酸を使う

 

粉タイプのクエン酸を使いましょう。

 

バケツにお湯1リットルとクエン酸大匙2杯を入れてクエン酸液を作ります。

 

シャワーヘッドをその中に入れて1時間ほどつけ置きをします。

 

分解できるものはバラバラにした方が詰まりが取れやすくなります。

 

つけ置きが終わったら一度シャワーを勢いよく出しましょう。

 

そうすることで中に溜まっていた汚れも外に出ていきます。

 

蛇口周りはクエン酸液を吹きかける、キッチンペーパーなどにつけてパックを行うなどで除去することができます。

 

サンポール

 

トイレ用のイメージが強いですがお風呂にも使う事ができます。

 

濃度が高いので換気扇を回し、ゴム手袋を着用しましょう。

 

絶対に密室で使用してはいけませんよ!

 

シャワーヘッドや石灰汚れが気になる場所にサンポールをかけて上からラップをします。

 

垂れて流れる場合はキッチンペーパーにひたひたにかけてその上からラップをつけましょう。

 

1時間ほど放置したらしっかりと洗い流します。

 

時間を置きすぎると傷みの原因となりますので、流し忘れのないようにしてください。

 

石灰の他にも床の黒ずみやゴムパッキンなどにも応用ができます。

 

安全のために漂白剤を使いたくないという人にもオススメです。

 

まとめ

 

・石灰汚れの原因…カルシウムカリウムなどのミネラル成分が固まったもの

 

・除去方法…石灰汚れはアルカリ性のため、酸性で落とす。

 

・加湿器…酢やクエン酸液をキッチンペーパーに浸して石灰を柔らかくして除去する。

 

・トイレ…酸性洗剤でつけ置きして落とす。ジェルタイプがオススメ! どうしても取れないものは尿石用のたわしなどを使用する。

 

・お風呂…クエン酸液やサンポールでつけ置きして洗い流す。

 

酸性は塩素と混ぜてはいけません!

 

塩素とは漂白剤やカビ取り剤です。

 

水回りにカビが生えていてついでに掃除しておこう!なんて軽い気持ちで使うと有毒ガスが発生して大変危険です。

 

洗剤を使ったらきちんと洗い流す、換気を行うなどを徹底して安全にお掃除しましょうね。

 

Sponsored Links

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事